THE 力作記事!!(バックナンバー)

2012年7月 2日 (月)

下の子の写真はマメに撮ろう

区役所の人が来て赤ちゃん訪問
体重測ったり、お話したりします。cafe


その方に
「3番目の子の一人の写真をちゃんと
とっておいた方がいいわよpen」と
アドバイスしてもらいました


上の子たちが写真に入りこんできたり
一人の良い写真、気づくと少ないんだそうです。

なるほど~と思ったので、
その日おかんにしゃべったの。

(私は、げんプリ、ゆうプリ、こうプリの3人の弟がおります)

するとおかんが
「実はこうプリ(一番下の弟)が
赤ちゃんの時の写真、学校に持ってこいって言われた時にさ~、
こうプリの写真なくて!( ̄▽ ̄)

いやどっかにはあるんだけどね、

しかたなく、げんプリの赤ちゃんの時のを持たせたんだよね~

ゆうプリとは似てないからさ!
こうプリと似てるげんプリのやつ!ははは(笑)」

と衝撃のエピソードを語り、自分で爆笑していましたsweat01


写真の整理も大事なんですなあ(笑)dash

うちは、写真マメなお義父さんとSぴょんがいるから安心かなhappy01

1341195931525.jpg


1341195933670.jpg

2011年5月22日 (日)

メール

1305995230513.jpg

いや~

こないだ車に乗ってたら、MH子さんの車とすれ違ったの。


その時の話なんですが、

後から「今お姉さん車とすれ違いましたよ。」

とメールが来たので

「やっぱり!!」と思って、


そして「すき家で夕飯一緒に食べようよ」

とメールを途中まで打ったのですが、

電話した方が早いなと思って、電話しました。

結局、すき家ではなくおかんも一緒にみんなでガストへ。


帰り際、、事件が!

さっき作りかけたメールを削除したと思ったら
MH子さんから「え?」ってメールが。


よく見たら私、MH子さんに

「やっぱり!!すき」


と送っていました~(>_<)bearing


わー!

「やっぱり!!すき家にいかない?」

って送るつもりだったの~sweat01


と慌てて弁解したのはいうまでもありませんsweat01


MH子さんは告白されたかと思ってびっくりしたと言ってたよ笑


もし私とすき家に行く人は、
そんなメールが行くかもしれません(笑)

2010年9月 9日 (木)

THE 力作記事

THE力作記事というカテゴリーを作りました。

面白かったな〜、そしてがんばって書いたなと思う記事を、
これから読んでくれる人にも見ていただきたいと
思いましてhappy01

みなさん、
もしよかったら、見てくださいshine
こちらです。


そして、みなさんが思う力作記事があったらリクエスト
お願いします

だって、忘れちゃったからcoldsweats01


1単語でも思い出せれば、こちらで検索ができます。
「なんか、転んだやつ。。」とか
そんな感じで大丈夫です。

よろしくお願いしまーすsun

2009年8月 1日 (土)

マスク着用指示

こんにちは、まちゃたろうです(^O^)/
5月頃の話しなんですが
先日眼鏡を床に置いて寝てたら、
眼鏡をまめたろうにいじられ
とどめにSぴょん踏まれて壊れました。(´Д`)
そして眼鏡が壊れて二週間後に、
角膜炎にかかりました!
(黒目に白い斑点が出来て、めちゃめちゃ痛い!コンタクトで付けた傷が原因らしい)
即、眼科に行って眼帯
急に眼鏡を買いに行けなかったので
眼帯壊れた眼鏡で次の日会社に↓↓↓。
「恥ずかしい〜o(><)o」と思っていたら、
その時新型インフルエンザが流行っていたので
会社から勤務中のマスク着用指示が!
結果
眼帯マスクセロハンテープで治した眼鏡の顔になりました。
男ばかりの会社のみなさんも
女性のまちゃたろうにどう突っ込んでよいかわからない様子。
苦し紛れに
「すごい顔になっちゃいました。。ははは」
と自分で言ってみました。
週末、machikoちゃんに付き合ってもらって
新眼鏡も購入。
二ヶ月経って、角膜炎もほぼ完治しましたよ♪
いや〜
恥ずかしかった!

2008年7月 7日 (月)

朝の太陽という名のオブジェ

Img_8267 こんにちは、まちゃたろうです(^0^)/

年に数回しか会いませんが
盛岡に実のおやじshadowがいます。

そのおやじ、まめたろうの1歳のお祝いに
「朝の太陽(まめの名前)をイメージしたオブジェ」なるものを送って来ましたtyphoon

これです。写真のやつです。

なんじゃ、これは。
芸術品としては良いけど、まめたろうが喜ぶものじゃないし、、

するとおやじから電話telephone

おやじ「1歳の誕生日のプレゼントのオブジェ届いたかhappy01?」

まちゃたろう「うん届いた、ありがとうcoldsweats01

おやじ「これは、すごいんだぞnote
    まめたろうをイメージして作らせてな、
    ○○っていう木でできてて(←忘れた。。)
    この世でこれしかないやつだから
    まめたろうにあげてくれnotes

まちゃたろう「うん、わかったcoldsweats01

おやじ「裏を見てみろ
    おやじの誕生日を入れといた」

まちゃたろう「はい?!」

Img_8269

おやじ「まめたろうが大きくなったとき、
    
「この日付なに~」って自分の誕生日じゃないって気づくだろnotes

おやじ「そこで、これはじーじの誕生日だよと
    教えてあげれば
    じーじの誕生日は忘れないという企みだbleah

まちゃたろう「あ、そう。。。gawksweat02

実のおやじのバカな企みに、
唖然としてしまいました。

おかんに報告したところ
「その空気よめないところがやなんだよ!」と
マジギレannoy

また、ケンカとなる予感がしましたsweat01

とりあえず、飾っておく事にしますが
まめたろうが大きくなるまで飾るかどうか
わかりません。

ありがとう、
ごめんね、おやじ

2007年11月22日 (木)

うちのプレコのその後

こんにちは、まちゃたろうです(^O^)/

Img_6565 先週の木曜日、うちのプレコを観に松島水族館へ行きました。

ということをブログに書こうとしただけなのですが、前おきが長くなってしまいました(>_<)

そしてオチはありません。

すんません。

11月16日は14時ごろおかんとM穂子さんと甥っ子達、まめたろうと一緒に松島へ。

水族館に入り、
まずはうちのプレコを観にいこう!と
入口すぐの「南国の魚達」のコーナーに行きました。

水族館の水槽には、それぞれ模様の違う3匹のプレコがいました。

M穂子さん「お義姉さん、どれが家のかわかります?(#^.^#)」

まちゃたろう「うーん、どれだろう。あれが1番模様が近いような。。あれじゃない?(゜o゜)」

おかん「あれかなあ、写真とっておこう!(゜▽゜)弟2に後で聞こうよ」

そして写真をパチリ 。
あれでもない、これでもないとかなり撮りました。

とりあえずホヤとか、ラッコの餌付け、アシカのショー等を一通り見た後、またまたプレコを探しに行こうと「南国の魚」コーナーへ。

南国の魚コーナーでは、水槽の中で掃除をしている飼育係りのお兄さんがいました。

おかん「まちゃたろう、あのお兄さんにどれか聞いて来て」

と言われ、聞きに行きましたが、
水槽の窓越しなので、話かけられず、、、、
私とM穂子さんはまた、家のプレコはたぶんこれだ!とはしゃぎながら写メールを撮りまくり。

中から見ていた飼育係りのお兄さんは、変な客と思っていたかも ^_^;。

そこへ、別の飼育係りのおじさんが通り掛かったので。。。

まちゃたろう「今年の夏、プレコを引き取ってもらったものですが、、どれか教えてほしいんですが。。」

飼育係りのおじさん「はい、じゃあ係りの者に聞いてきますねo(^-^)o」

おじさんの優しい対応に、私たちのテンションも上昇!
わいわいしながら、待ってました。

すると飼育係りのお兄さんがわざわざ掃除を中断して、水槽の中から出て来てくれました。

飼育係りのお兄さん「はい、覚えてますよ」

そのまま話続けるお兄さん。

「この水槽の裏に、小さな囲いがありまして、しばらくそこにいたんです」

まちゃたろう「はい(^^ ) それで?」

お兄さん「その囲いはこの大きな水槽に繋がってまして、一ヶ月経つと
たまにこの大きな水槽に出てくるようになったんですよ」

まちゃたろう「はい(@_@;)」

お兄さん「出たり入ったりを繰り返してたんですが。。。。。。」

M穂子さん「まさか。。!!(´Д`)」

お兄さん「はい、九月だったですかね。死んでしまいまして。。」

M穂子さん「・・・え!(+o+)」
まちゃたろう「・・・!(´Д`)」
おかん「・・・! (ToT)」

お兄さん「模様のきれいなプレコでよかったんですが。。。。。。他のプレコの縄張り争いに負けたのかもしれません。。。」

・・・死んでいました。

まさか、そんなことは思ってもいなかったまちゃたろう達。

結末をすぐに言わなかったところをみると、お兄さんは
楽しそうに写真を撮っている私たちをみて、言いづらかったんでしょうね。

最後にすみません、と言ってくれました。

私たちは驚きと、はしゃぎすぎた分の落胆と、大事にしてくれたんだという感謝の気持ちが入り混じった複雑な「ありがとうございました」を言って帰ってきました。(;´・`)

翌々日、水族館に一緒には行かなかった弟2とおかんと食事をしました。

まちゃたろう「弟2、聞いた?プレコ残念だったね。」

おかん「もう、言うな。。。」

弟2「・・・・・・」

おかんと弟2は、まちゃたろうよりショックだったようです。

弟2「(大きな水槽と小さい囲いを)出たり入ったりしてたのをチェックしてくれてたって事は、ちゃんと管理してくれてたって事だね。それだけでもありがたいよ。( ・ω)

おかん「うちの水槽に(体が)折れ曲がっているより、大きな水槽に行けて、最後としては幸せだったよ。(´з`)

まちゃたろう「ω・`)そうだね。」

うちのプレコを水族館で見る事はできませんでしたが、あの時引き取ってくれて大変助かりました。

たった魚一匹ですが、大切にしてくれた松島水族館に感謝感謝です。"(σω`*)

そんなわけで、
写真のプレコは、私たちがはしゃいで撮った 別の、

プレコです。

終わり

2007年11月21日 (水)

うちのプレコの引き渡し

こんにちは、まちゃたろうです(^O^)/

またまたプレコ話の続きです。

この話に落ちはありません。(>_<)
長く書いてしまったので、後戻りができないだけです。( ̄▽ ̄;)
すみません。
そんなわけで続けます。

プレコのもらい手、それは松島水族館(^_^)。

おかん、甥っ子1、2、弟2、M穂子さんと、水族館に行った六月。

ダメ元で飼育係のお兄さんに声をかけてみました。

弟2「家でプレコを飼っているんですが、大きくなりすぎて家の水槽で飼えなくなちゃって。。。引き取ってもらえないですかねぇ(^^ゞ」

飼育係のお兄さん「どのくらいのプレコですか?持ってきていただければ、引き取りますよ」

まちゃたろう、おかん、弟2、M穂子さん「ほんとですか〜〜。ありがとうございます〜(>_<)」

なかなか見つからなかったプレコのもらい手。

さすが水族館!太っ腹!優しく見えるのは生き物を飼育している人という先入観もあったのかも。

そして水族館なら生きていけるだろうという安心感。

とりあえずみんな、ホッとして、肩の荷がおりました。

それから一ヶ月後、弟家族がプレコを水族館に持っていって、無事引き取り完了。

おかん「プレコちゃんを今度また水族館に見にこようよ(゜▽゜)」

家の魚を水族館で見れると思うとかなりワクワクしますよね。

おかんの一言で、次にくるのがとても楽しみに。

松島水族館の皆さん引き取ってくれてありがとうございました!(^^)!。

そして先週の木曜日、プレコを見に、松島水族館へいってきたんです。。。。。
続く。。。

2007年11月20日 (火)

うちのプレコのもらい手

こんにちは、まちゃたろうです(^O^)/

プレコの話の続きです(*_*)

甥っ子1のガラス叩き攻撃にも耐え、
二年前の宮城県地震で水槽が割れた時も生き残った魚達。

それぞれ思いいれもありましたが、子供達がそれぞれ独立した今、おかん一人で水槽を管理していくのはムリ。(:_;)

それで水槽処分となったのです。

まちゃたろう「プレコはどうするの?川には放流できないよね?」

弟2「川はムリ!。南国の魚だし、冬越せない!(>_<)」

どうにか、生き延る可能性がある所にもらってほしくて、
おかんと弟2はサンフィッシュ(ペットショップ)へ。

しかし大きくなりすぎたプレコは引き取ってもらえなかったそうです。f^_^;

兄弟四人、それぞれの友人にも声をかけましたが、引き取り手はおらず。。。

おかん「まちゃたろうインターネットで引き取ってくれる人捜して」

まちゃたろう「ムリだよ〜面倒なのと郵送できないし(-.-;)、面倒だ」

こんな感じでほとほと困っていた時、、、今年の七月だったかな、偶然にも引き取り手が見つかったんです。

続く。。

2007年11月18日 (日)

うちのプレコ

こんにちは、まちゃたろうです(^O^)/

みなさんプレコというお魚をご存知ですか?

水槽で熱帯魚なんかを飼う時に、苔取り屋さんとして一緒にいれておくお魚です。

つまり脇役です。(-_-)

うちの実家では、約六年前くらいから、グッピーと一緒に水槽に入れて飼っていました。

最初は五センチくらいでかわいかったプレコ。

その後グッピーの十倍ぐらいに成長。
すっかり水槽の主になりました。

最近では水槽の水深が足りず、体をのばせなくなり。。。餌が足りないと他の魚を食べていたようす。。。( ̄▽ ̄;)

10匹いたグッピーも3匹となった今年の夏、おかんが
「もう世話しきれないから、もらい手を捜してほしい。水槽の湿気すごいし。。」と水槽処分宣言があったんです。

続く。。。
(書ききれない。。)

2006年10月30日 (月)

母の病気。退院

こんばんは。まちゃたろうです。

フィギュアスケートの安藤美紀選手、優勝しちゃいましたね!個人的には、浅田真央選手の演技のほうが好きなんですが、今回は安藤選手の気迫が勝った!って感じでしょうか。見ていて面白かったです。061028_1051_1

  さて、土曜日うちの母が退院しました。みなさま心配していただき、ありがとうございました。

しつこいようですが、また母のメールを公開します(^O^)先日のブログを書いた後も、何個もメールがやってきまして、またちょっと残しておこうかなんて思ってしまいまして。。

退院2日前から、退院までです。今回も本当に長いから覚悟してください(笑)

入院16日目 title:あさって退院
「皆さ~ん!お元気っすか?おかんは、今日も元気で~す!えっほ!えっほ!病院の回りをひと周り、階段上って、エッホ!エッホ!へへっ…頭の中はエッホ、エッホなんだけど、実際はエッコラショ!どっこらしょっと!…おかんの毎日の楽しみは売店。と、消化器科から一緒に移って来た、ジュリー(おかんの時代のアイドル)ファンのオジチャンと挨拶する事。あのハゲアタマのオジチャンと同世代だなんて納得いかないけど、同じファンだから、まあしゃあない!とうとうあさって退院。退院したら、ちょっくら温泉!企て中。息子3も独立したし、おかんの仕事が無くなったし…。やっぱり、とりあえずは温泉か!」
まちゃたろう返信「面白いね」

入院17日目 title:傷
「初めて傷を見ました。オヘソと、その上10㌢の所と脇腹の三ヵ所に1㌢位の傷がマジックで書いたみたいに有りました。看護婦さんが、退院で感想を一言書いて!と言われたから、「これならビキニを着れる!」と書いといた。多分、今頃、おかんがビキニ???って、笑ってる。オーホホホホッホ!!」
まちゃたろう返信「へー」

入院18日目 title:退院
「今日退院します。御心配おかけしました。今朝、先生がいらして病理検査(顕微鏡で細胞を調べる)の結果、癌ではありませんでした。今後も今まで通の普通の生活で良いし、通院も一度も必要ありません。と言われ、やっと安心しました。で、長生きしそうです。これからも、ますます我が儘放題生きますので、よろしくお願いします。★おかんは、癌かも…と思った時、意外とこの世に未練が無くて、なんかホッとした感じでした。子供や孫に、もう自分は何も出来ないのか?と思ったら、フゥ~っと心配が丸ごと無くなりました。心配って、今のこの子供に、この孫に、自分が出来る事を探す気持ちなのかもね。自分が何も出来ないとなったら、意外と「大丈夫、なんとか出来るだろう」と思ったから、不思議だね。おかんは人生に何も後悔もなかったし、何事にも自分で出来る精一杯の事はして来たのだと思った。人の規準には満たなかったけど、自分では完全燃焼後悔無し!だったよ。でも…これが1番不思議な事で…、親父に御礼を言っておかねば…と思ったよ。おかんの幸せは子供を育てられた事。子供は居なければ居ないで幸せだろうが、おかんの幸せは子供が居た事です。それku椈@☆・w)親父に御礼を言わなくちゃ!と1番先にメールで御礼言っちゃいました。あと入院前にしたかった事は、温泉位しか思い付かなかった。友人3人を誘い、温泉に行きました。彼女達も先生方の慌てぶりを話してたので、複雑奇々怪々でした。12才から一緒に隠し事も出来ずに生きて来ましたから、また家族とは別な感情が有りました。最後の晩餐に乾杯!とWが言って大騒ぎしました。Wは中学生の時に、癌でお母様を亡くされてます。そんな騒ぎをしましたから、「私、癌じゃ無いみたい」と電話したら、ブーイング!でした。年末までには、温泉ご招待を約束させられました。そんなこんなで入院前には、いろんな感情が吹き出ましたが、退院したら、二度目の命を貰ったと思い、新たなおかんの人生を頑張ります。これから先は、子供の負担にならないように、面倒かけないように心掛けて、生きたいと思います。よろしく。子供達には、おかんの役目は終わりね。あとはそれぞれ頑張ってくれ!でも、孫達には、別!全力投球するから、文句は言うなよ!以上。おかんの入院日記でした。」
まちゃたろう返信「いや~。入院お疲れ様。私もおかんのまわりのみんなに感謝だな。今日のメールは一番気持ちが伝わってきて良かったです。文才あるね。じゃ、今から迎えにでまーす。」

実は前日、おやじとおかんがまたけんかしていまして、かなり心配しました。だけど、こんなメール来たので、この病気も二人にとっては良かったのかな、なんて思っちゃいましたね。つーか、心配して損した。

退院当日家族で、快気祝い。ばあさん、弟2、弟2嫁Mホ子さん、弟2息子(1歳)、弟3、Sぴょんが集まりました。Cimg4289

Mホ子さんがケーキを作ってくれました。力作です。中身しっとりのチョコレートケーキ。甘すぎず、濃厚なチョコレートがしっとりと入ってておいしかった♪

この、「祝」は気合が伝わる。(ܫ)すごくない? 

本人は予想していた出来上がりと違っていたので、かなりショックを受けたよう。来週リベンジで、また作ってくれるようです。どんどん、リベンジしてって感じですよ!そうそう、この日はSぴょんも頑張って、料理を作ってくれました~。  息子2と息子3はただ、遊んでたな。しょうごん(弟2息子1歳)とバナナの取り合いをしたり。

おかんは、、というと「明日から、ばあさんと温泉に行って来ます!よろしく!」だそうです。本当に病人だったのかしら。ω・`)

終わり。

より以前の記事一覧