乗り物怖い病を治すぞー!

2013年2月20日 (水)

治し方②大丈夫な経験 滑り台

①パニック症候群というらしい。
②薬をもらえるらしい
③自分自身におまじないをかけるといいらしい
④大丈夫という経験をつむといいらしい

実は④、マンガの「宇宙兄弟」で書いてあったことです。
パニック症候群に陥った登場人物が
小さい大丈夫を積み重ねて
夢を見続けるという。

1361328344433.jpg
今日、まめみんと行った公園で
滑り台を滑ってみたのですが

滑り台も意外にお腹がぐっと持ち上げられる感じsad
公園の滑り台
これすらも、ダメか〜
でも、ここでへこたれては
と何回か滑ってみました。



すると滑り台に慣れてきた!

もっとスリルを味わいたくて、滑り台や遊具のレベルを
あげていく子供達の気持ちがちょっとわかりました。

小さいときの公園の経験って、大事だったんだね〜

しかも、空を見続けながら、滑ると
お腹に圧がかからないのを発見しましたよ。
実は、これをブログに書きたかったのです。
長くなりました。。。coldsweats02 ふう
この調子で行けば、公園→遊具→車→高速道路→新幹線→飛行機と
達成できそうです。
今日の訓練
公園の滑り台、クリアーup

治し方① おまじない<米>

1361326853473.jpg
乗り物が恐いというのを、最近お友達などに相談してみているのですが
次の事がわかってきました。

①パニック症候群というらしい。
②薬をもらえるらしい
③自分自身におまじないをかけるといいらしい
④大丈夫という経験を積むといいらしい


そういえば!
数年前に、ピさんが
「お米を数粒財布に入れるとそれがまちゃを守ってくれるらしいよ。
お米は1週間で取り替えて、前のは川に流すんだって〜」
と占いで聞いてきてくれたので
半信半疑で実践中でした。
でも、これ使える!




お米が守ってくれるから恐くない〜
と思えてきたよ。

最近、普通道路の車の自分の運転は
大丈夫!
という自信が持てるようになってきました。

他の人の運転は「Sぴょんの運転」はかろうじて大丈夫。
おかんの運転はたまに「ひ〜っ」って言っちゃいます(笑)

宇宙兄弟

若かった時の憧れは
マイケルジョーダンと宇宙飛行士の向井千秋さん

「宇宙兄弟」というマンガを読んだら
その頃の宇宙への憧れを思い出しました!


もちろんマンガも面白くて
アニメも録画して見てるけど

NASA関係のアプリをいれてみたり
宇宙の本読んだり


ときめきを思い出してます

1361325409819.jpg

乗り物恐い病を治そう!

乗り物が恐くなってきた最初は、確か10年くらい前

あまり気にしてなかったのですが、
最近治そう!と決意しました。
ブログのカテゴリを増やし、いろいろ試して
お知らせしていきたいと思いまーす。
まず、事の発端は
出張で行った北海道から帰ってくる飛行機
天候不良で、仙台空港上空を30分旋回。
無事着地したのですが、その30分恐くて。
その次に飛行機にのってみたら、のってる間緊張が解けないのです。
最近は冷や汗、揺れで「ひーっ」と声がでるので
もう乗ってません(笑)
その1年後
八景島シーパラダイスで載った、バイキング
胃のあたりが押し上げられる感じが恐い〜
それ以来、遊園地もムリ!
そして、震災を経験し
いろいろダメになりました。
新幹線、高速道路、高層のエレベーター、
子供達が観覧車に乗っているのを見るのもダメ
どんどん悪くなっていっているみたい。
自分でもちょっとなんとかしたいと思いまして
最近、お友達などに相談したりしています。