« パティスリーgenkiのケーキ | トップページ | 感想文:子を愛せない母 母を拒否する子 »

2009年8月15日 (土)

ケーキとの関係

こんにちは、まちゃたろうです(^O^)/
まめたろうは卵のアレルギーを持っていたので
授乳中は皮膚科の先生の指導で
卵食品を除去していました。
じゃあまめみんの妊娠中はどうすればいいの?
念のためこの質問を
産院の先生助産師さん何人かにしてみたところ
以下のような解答でした。
「今はバランス良く食べて、栄養を赤ちゃんに送った方がいい」
「アレルギーは遺伝。第二子も出る可能性はあるけど、種類が違うかも」
「生まれる一ヶ月前から除去を始めて、発生を押さえた人もいるよ」
「妊娠中の対応って、先生によって考えが違うんだよね。やめておいた方がいいって言う先生もいるけど。。」
うーん。
バラバラなご意見。
そこでまちゃたろう的には
‘妊娠中の今はなんでも食べて
まめみんが生まれてから二三ヶ月湿疹が治らない場合
皮膚科に行って、スクラッチテストする
アレルゲンが判明したら それを授乳中にも除去。’とすることにしております。
よく考えたら普通の対応なのです。f^_^;
なもんで
まめみんに卵アレルギーが出ない事を祈りつつ
ケーキは噛み締めながら大事に食べてます。
写真は代官山フ・リュイのケーキ

« パティスリーgenkiのケーキ | トップページ | 感想文:子を愛せない母 母を拒否する子 »

まめたろうの成長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パティスリーgenkiのケーキ | トップページ | 感想文:子を愛せない母 母を拒否する子 »