« 熱唱 | トップページ | 大変な時こそありがとう »

2009年7月22日 (水)

まったく覚えてない!

こんにちは、実家に滞在中のまちゃたろうです(^O^)/

日曜日弟3が、頭を八針縫う怪我をして帰ってきました。

原因はサーフィンをしてたとの事。

ポエマーで朝弱いあいつが、そんなアクティブな事をしていた事も驚きで、

この事をきっかけに、弟3と久しぶりに
フリートーク。

弟3「怪我する瞬間、兄2ゴリにぶっ飛ばされて、頭縫った時の事、思い出したよ、中学生だったかなあ」

おかん「え、前も縫った事あるの?!全然覚えてないんだけど(笑)。
おまえゴリとケンカした事あったっけ?」

弟3「ケンカじゃなくて、軽くぶつかっただけだと思う。
俺、あいつとケンカしてもすぐ負けるし」

まちゃたろう「小さい時そんな事件があったなんて知らなかったよ」

弟3は
自分の大事件を覚えてもらえてなかった事が
多少なりともショックだった様子。

おかんとまちゃたろうは
記憶がない事に
記憶力の低下が
ショック!。(´Д`)

更に、10年くらい前の話しを続けていると、
弟3「そういえば姉貴。あの頃陶芸のろくろで目を回してさー」

え、何の事だっけ?(?_?)
「一緒に陶芸に行った友達が、変な姉貴だなーっていまだに言うんだよね(笑)」

聞くと、おかんと弟3と弟3の友達と
陶芸(体験)に行った時の事。

姉まちゃたろうは
ろくろに目を回して、 吐き気がする〜とずっと寝てたらしい。

まちゃたろう「この器?だってきれいに作れてたよ」

おかん「ぐちゃぐちゃのまま途中でやめちゃったから
先生がきれいになおして、送ってくれたんだよ。」

今まで自分って、才能あるくらいに思ってました。

忘れっぽい、かつ、都合のいい
自分の記憶力にびっくりした一日でした。

もうその器は
どこかに行っちゃったみたいです。

« 熱唱 | トップページ | 大変な時こそありがとう »

愉快な家族たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱唱 | トップページ | 大変な時こそありがとう »