« 湿布の香の紅茶 | トップページ | うーふーしん(五福星)でラーメン »

2006年9月19日 (火)

まちゃたろうのちょっと怖い帰り道

夜の利府街道の歩道は暗くて歩いている人がいない。
1、2件ほどある店は21時なのにもうしまっている。一人ぼっちで歩いていると、車が無言で通り過ぎるので、小心なまちゃたろうはちょっと不安になる。ごぉーっ ていう爆音の大きなトラックに追い抜かれると、若干びくっとする。
別な道を歩くと近いんだけど、ひたすらたんぼ道なので、夜道は危険とやめておいた。

だが、街道の歩道も同じだったとちょっと反省した。たとえ大声を出しても、誰にも聞こえない。たとえ何かあったとして、80K近く出ている車も立ち止まっていはくれないだろう。
だんだん心細くなりながら、ぽつぽつ歩いていると、向こうから帽子を被った長身の何物かが歩いてきた。
やばい。早く通り過ぎたい。
心なしかこちらに近づいてくるように思えた。
すれ違う瞬間、ちらっと帽子男の顔をみると、目、鼻、口がなくぼやけた肌色に見えた。

「%☆・’−☆〜」
ドキッとした。だがすぐに目の錯覚だと思い直し、駅まで急いだ。ヒールなので思うようにスピードがでない。怖い、焦る、、そうやって30分ほど歩いたころ、、。
前方に細くて小さいおじさんが、道の真ん中でうろうろしていた。
またドキッとした。
思うように早く歩けない。ヒールにいらつきながら、足早に通り過ぎようとすると。。

「%〜☆%:」

声をかけられた!

ひっと思って振り向くと、小さなおじさんが白い紙を持っていて、かたことの日本語で、「幸町」と言った。どうやら道に迷っているのか。。バックも持っていないし、金もがなさそうだ。しかもここは岩切だ。

歩いていくのか聞いたが、言葉が通じないらしい。。。中国人いや韓国人か。。夜の利府街道になんでだ〜〜

「この道を歩いて1時間はかかりますよ」というと、「とおい?」と聞かれた。
うんとジェスチャーで答えると、じゃあ諦めたというように小さな中国人はふらっと歩いていった。

暗い夜道で知らない人と関わっちゃだめだ!私は必死で歩いた。
でももっと親切に頑張って教えてあげれば良かった。もう少し頑張れば伝わったかもしれない。夜道に外人が恐くてちょっと早めにきりあげた事を後悔した。正しい行動ってなんだろう。。。
40分歩いた。駅が見えたころ、駅から電車が出発しようとしているのが見えた、、、間に合わなかった〜〜〜〜〜。そして次の仙台駅行きは40分後であると知った。。。!!
脳裏にあのおじさんの顔が浮かんだ。。。困った顔をしていたはずなのに笑っている顔が浮かんだ。。。。
あまりのショックからか お腹がきりきり痛んだ。一人駅のベンチでお腹を押さえながら、座り込んだ。。。電車よ。。早く来てくれ〜〜。

耐えていてもしょうがない。吐きそうだったが、持っていたおにぎりを食べてみた。すると腹いたが治った!治りました!

そして治ったころ電車がきた。おじさんに勝った気がした。

←登録してみました。よろしければ押してください♪

Banner2_3

« 湿布の香の紅茶 | トップページ | うーふーしん(五福星)でラーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お友達に、お腹が治ってどうしたの?
意味わかんないよーといわれたので、補足しますと。。。。

お腹が治ったので無事電車に乗ることができまして、帰りました。

途中TSUTAYAでDVDを借りようと2,3枚持ってレジに並んだんですが、カードを忘れて借りれなかったりしましましたよえへ (^ ^ゝ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141368/3506241

この記事へのトラックバック一覧です: まちゃたろうのちょっと怖い帰り道:

« 湿布の香の紅茶 | トップページ | うーふーしん(五福星)でラーメン »